アニメ情報ギルドでは、年間100本以上のアニメを観ているギルマスが様々なアニメや、アニメグッズ、ヲタクのためのコンテンツを紹介しています。

VIVY(ヴィヴィ)13話 の考察・感想「Flourite Eye’s Song」歌詞の意味も解説!

▼アニメVIVY(ヴィヴィ)13話はどんな話?
▼13話のどこが見どころ?
▼考察が知りたい!

この記事ではTVアニメVIVY(アニメ)13話の感想や見どころをまとめています。

後半では劇中歌「Flourite Eye’s Song」の歌詞解説もしています。

また当サイト管理人のギルマスが気になった考察ポイントを解説しています。

VIVYの考察や見どころが知りたい方、感想が気になる方必見です。

スポンサーリンク

Vivy13話の見どころ①これがラストチャンス

引用:TVアニメ「Vivy -Fluorite Eye’s Song-」公式Twitter
©Vivy Score / アニプレックス・WIT STUDIO

ついに始まったシンギュラリティ計画の最終章。

暴走したAIを止めるためにアーカイブを制圧する。

難易度SSS級のミッションスタートです。

しかしアーカイブに停止プログラムを流し込めばAIは止まりますが、これってヴィヴィとマツモトが…

引用:TVアニメ「Vivy -Fluorite Eye’s Song-」公式Twitter
©Vivy Score / アニプレックス・WIT STUDIO

決戦を前に初めて冗談を言うヴィヴィ、マツモト、この2人のやりとりが尊い…

「未来のあなたに気合を入れてって言われたのよ」「ウソよ」

嘘バラすの早すぎwww

でもあんなに無愛想で「ザ・AI」みたいな感じのヴィヴィが、

自然な笑顔で冗談を言いながらマツモトと戯れあっていて、私は感動です…

スポンサーリンク

Vivy13話の見どころ②ナビとの対話、モモカの記憶

引用:TVアニメ「Vivy -Fluorite Eye’s Song-」公式Twitter
©Vivy Score / アニプレックス・WIT STUDIO

ヴィヴィがマツモトに「歌う場所は決めてある」と言っていましたが、

ニーアランドのステージだったんですね。

久々のナビ登場。

おっとかなりキレ気味の様子。

モモカと「もっと多くの人に歌を届ける」という約束したことを忘れたのか

とナビに追求されていましたが、そんなことはないんですよね。

 

自分に「ヴィヴィ」という名前を授けてくれた初期のファンであり、

モモカの存在がヴィヴィをずっと支えていました。

ナビが作り出したと思われるモモカの幻影に対し、100年経った今でも「モモカは私のことをディーバとは呼ばない」と明確に覚えていました。

 

ナビはヴィヴィに対して「自分と歌の道を進んでほしい」と願っていましたが、ヴィヴィはシンギュラリティ計画の遂行者になってしまい、不満が募っていたようです。

ヴィヴィが「もっとあなたと話をするべきだった」と後悔していることから、少なからず自責の念がヴィヴィにもあるようです。

スポンサーリンク

Vivy13話の見どころ③ついに最終決戦

引用:TVアニメ「Vivy -Fluorite Eye’s Song-」公式Twitter
©Vivy Score / アニプレックス・WIT STUDIO

ヴィヴィは世界に歌を、マツモトはアーカイブの相手を、トァクは人類代表としてAIと戦い始めました。

泣いても笑ってもこれがラストです。

直前にマツモトが「Vivy、ちゃんと歌えるんですね?」

と心配していましたが、圧巻の歌唱力で心を込めて歌っていました。

 

私は敵の攻撃にボロボロになりながらも、各自がベストを尽くす姿に胸打たれました。

ディーヴァの人格を消去され、ずっと歌えなかったヴィヴィ。

心は「思い出、記憶のこと」と理解したヴィヴィがこれまでの100年分の心を表現していました。

ヴィヴィが自分で作曲した楽曲の名前は「Flourite Eye’s Song」

アニメの副題になっていた「Flourite Eye’s Song」とはこのことだったんですね。

引用:TVアニメ「Vivy -Fluorite Eye’s Song-」公式Twitter
©Vivy Score / アニプレックス・WIT STUDIO

ピアノの伴奏が心地よいTVアニメVivyのエンディングテーマは、これまでずっと名前が明らかになっていませんでした。

しかし「Flourite Eye’s Song」こそがこのアニメのエンディング曲だったんですね。

これまでずっと歌詞がなくピアノ伴奏だけだったのは、ヴィヴィが心を理解できず、歌うことができなかったことを意図していると考えると、作り込まれてますよね〜。

ネタバレ注意
ヴィヴィ、マツモト、トァクの活躍により、アーカイブと暴走するAIを止めることに成功しました。

しかし人類を救った代償は大きく、ヴィヴィとマツモト、松本オサム博士はこの最終戦争の中で散ってしまいました。


引用:TVアニメ「Vivy -Fluorite Eye’s Song-」公式Twitter
©Vivy Score / アニプレックス・WIT STUDIO

ヴィヴィがシステムが途切れる直前につぶやいた「ご静聴ありがとうございました」という言葉、
ヴィヴィがAIとしての役目を果たして力尽きたのだなとしみじみ感じてしまいました。

アーカイブに接続しておらず無事だったエリザベスをはじめとするAIたちが人類とともに復興の道を歩み始めますが、AIに世界を壊された人類の憎悪は激しく、機能停止したAIの顔を潰すなど、まだ調和への道のりは長そうです。

Vivy13話の考察①

本編は終わりかと思ったその時、キューブマツモトがとあるショートカットのAIに「あなたの名前はヴィヴィです」と告げるシーンがありました。

引用:TVアニメ「Vivy -Fluorite Eye’s Song-」公式Twitter
©Vivy Score / アニプレックス・WIT STUDIO

このマツモトとヴィヴィがどういった関係性なのか、過去の記憶、もしもの映像なのかは定かではありません。

このシーンは何を示しているのでしょうか?

私はバックアップデータから復活した説を推したいですね〜
マツモトの用意周到さからして、自分とヴィヴィのバックアップデータくらいは取っておきそうですもんね。

きっと髪がサッパリしたのは、過去のしがらみから解放されたことを指しているのではないでしょうか?

マツモトの無機質な声に若干の安らぎ、優しさ、懐かしさを感じたのは私だけでしょうか?
1話のマツモトとは違い、ヴィヴィと対等な友人として付き合えることにマツモトは喜びを感じているのではないでしょうか?

スポンサーリンク

「Flourite Eye’s Song」の歌詞考察

いつものEDとしてピアノ伴奏版が、最終回で歌詞付き版が流れた「Flourite Eye’s Song」

ついに心を理解したヴィヴィによって、この曲に歌詞が込められました。

八木海莉さんの透き通る歌声が耳から脳に染み渡る、Vivyの100年を感じることのできる素晴らしい歌です。

その歌詞を書き留めましたので、ご紹介します。

人の幸せのために授かった名前と歌は1つの使命

もしも全ての出会いの結晶が命の後に残る答えとしたら

そっとそっとありがとう

救いたいと望むなら、決めなければ何1つ救えはしない

さようならで夢は壊される閉じられる。

その悲しみ、わかりあうために心を込めて

どこまででも戦うことでしか終わらない

戦う日々、見つめ続けてた終わりがないのに

たとえ思い出を全部、失って瞳を消すとしても私はそこに

そっと触れたぬくもりやほんの小さな勇気でも

生きたことが少しずつ未来を変える

遥かな手で願う泣かないで止めないで

あなたのため、生きることだけを見つめていたい

Flourite Eye’s 戦うことでしか終わらない

戦う日々見つめ続けてた終わりがないことわかっていた

ずっと記憶の中、胸の痛みをあなたのことを忘れない

歌え、響け、いつもそばに

これまでの100年の記憶と思い出をもとに作曲したこの「Flourite Eye’s Song」

歌詞に深い意味がありました。

人の幸せのために授かった名前と歌は1つの使命

「Flourite Eye’s Song」の冒頭のこの1節、

愛称「ヴィヴィ」ことディーヴァは「歌でみんなを幸せにする」使命を持つ自律式AIです。

ちなみにラテン語で”diva”(ディーヴァ)とは「歌姫、花形女性歌手」のことを指します。

まさに「名前と歌声は歌でみんなを幸せにするために与えられたもの」ということですね。

もしも全ての出会いの結晶が命の後に残る答えとしたら、そっとそっとありがとう

これまで100年の旅の中で数えきれないほどの人間、AIと関わってきたヴィヴィ。

出会う人間は寿命を迎え、出会う姉妹機AI(シスターズ)は儚く散っていきました。

その度に感謝と罪悪感、虚無感、さまざまな感情をAIのヴィヴィは吸収していきました。

きっと出会いの数だけ強くなった、今思えばあの出来事は今日の自分に活きているという感謝の気持ちを表しているのでしょう。

救いたいと望むなら、決めなければ何1つ救えはしない。

これまで何度も生と死を見てきたヴィヴィ。

AIと人間の最終戦争を回避するために、何度も苦しい判断をしてきました。

マツモトと意見がぶつかり、間違った選択をしてしまうことも多々。

マツモトが教えてくれた破滅の未来を変えるために、半信半疑で議員を助けるところからこの物語は始まりました。

さようならで夢は壊される、閉じられる。その悲しみ、わかりあうために心を込めて。
どこまででも戦うことでしか終わらない。戦う日々、見つめ続けてた終わりがないのに。

100年の旅路の目的は最終戦争を回避すること。

常に歴史の転換期に焦点をあて、事件を阻止することに全力を注いできました。

常に誰かを守るため、終わりのない戦いに身を注ぐヴィヴィ。

必死に戦っても守りきれなかった命がいくつもありました。

グレイスと冴木博士のように、時には取り返しのつかないショックを受けることもありました。

たとえ思い出を全部、失って瞳を消すとしても私はそこに。
そっと触れたぬくもりやほんの小さな勇気でも、生きたことが少しずつ未来を変える
グレイスと冴木博士の結末に致命的なプログラムエラーを起こしてしまったVivy。
AIに人格が2つ生まれてしまうという稀有なケースが発生しました。
2つ目の人格は心を理解し大人気の歌姫として活躍しますが、垣谷さんの策略によって消えてしまい、元のヴィヴィに意識を明け渡すことになります。
心がわからず歌えなくなり歌姫を引退したヴィヴィ。
博物館で出会った少年「マツモトオサムくん」そして彼の子供と触れ合うことで、ヴィヴィの運命は心は大きく揺れ始めます。
遥かな手で願う泣かないで止めないで。あなたのため、できることだけを見つけていたい

あなたとは誰のことなのでしょうか?

最初のファンでありヴィヴィと言う名前をくれたモモカ、

ヴィヴィの姉妹機に当たるエステラ、グレイス、オフィーリアらのことなのか、

はたまたマツモト、マツモト博士のことなのか、

私はもう1人のディーヴァへ向けたメッセージなのではないかと考えています。

Flourite Eye’s 戦うことでしか終わらない

戦う日々見つめ続けてた終わりがないことわかっていた

ずっと記憶の中、胸の痛みを、あなたのことを忘れない

シンギュラリティ計画にて、AIと人間の共存する世界のために戦い続けても、結局はアーカイブに歴史を修正されてしまうことが明らかになった12話。

終わりのない戦いに身を投じていたヴィヴィはマツモト博士の言葉を胸に、もう1度だけ立ち上がります。

先ほど「あなた」とはもう1人のヴィヴィと言いましたが、ここでの「あなた」とはずっと側で支えてくれたマツモト、そして松本オサム博士のことを指しているのではないでしょうか?

アーカイブを止めるため、最後の一瞬まで歌い続けたヴィヴィ、人類を救うために最後の最後まで争い続けたマツモトとトァク。

最後のコーラスは戦いの中で散っていった命を弔い、平和へ導く。

人間とAIが共存する世界を作る、そんなヴィヴィの想いが伝わってきました。

スポンサーリンク

皆の感想を紹介

スポンサーリンク

最後に

いかがだったでしょうか?

今回でついに最終回。

ヴィヴィ、マツモト、スタッフの皆さん、100年の旅路お疲れ様でした!

2021年現在では自律式AIは完成していませんが、近い将来、ヴィヴィのような存在が世界に誕生するかもしれませんね。

その時私たちはどのような行動をとれば良いのでしょうか?

人間が勝手に生み出し利用してきたAI。そのAIについて本気で考えさせられるそんなアニメです。

VIVY(ヴィヴィ)感想・見どころまとめ
1話2話3話4話
5話6話7話8話
9話10話11話12話
13話

VIVY(ヴィヴィ)を無料で観るには?

リゼロの長月先生が脚本を書き下ろしたオリジナルアニメVIVY(ヴィヴィ)

世間からかなりの注目を集めています。

  • まだ観てないけど間に合うなら観てみたい
  • 特定の会だけ放送を見逃してしまった
  • 面白くてもう一度観たい
  • SNSで盛り上がってるから気になる

以上のような方多いと思います

そんな方へ!

安心・安全にTVアニメ「VIVY」を1話から最新話まで無料で観られる方法があります!

気になりすぎてDVD・Blu-rayになるのが待てない人には特にオススメ

それがdアニメストアです

地上波放送後、最速で配信されるので、
トレンドに乗り遅れることなく
リアルタイムで観ることが可能です

dアニメストア
31日間無料お試しができる!
(期間内に解約すれば一切お金はかかりません!)
・3800作品以上のアニメ・2.5次元作品が見放題
・docomoユーザーでなくてもgmailで加入可能!
月額480円という圧倒的安さドコモのケータイ以外でもOK
dアニメストアを31日間無料おためし
スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!